キャッシングQ&A

スポンサード リンク

 キャッシングの申し込みに必要なものはなんですか?

 
運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書が、いずれか1点必要です。場合によっては、住民票や収入証明書が必要なこともあります。電話やインターネットでの申し込みの場合は、コピーしたものを後ほど郵送またはFAXします。

【スポンサードリンク】

 

他社借入れがあるのですが、申込むことはできますか?

 
もちろん申し込みはできます。ただし、融資が可能かどうかは申し込んでみないとわかりませんし、各金融会社の審査基準によっても変わってきます。

【スポンサードリンク】

 

パートやアルバイト、専業主婦でも利用できますか?

 
基本的には18歳もしくは20歳以上で、定期的な収入があれば利用できます。パートやアルバイト、自営業(条件がある場合もあります)の方でも大丈夫ですし、また専業主婦の方も家族に安定した収入があれば利用可能です。

【スポンサードリンク】

 

キャッシングには担保や保証人は必要ですか?

 
一般的なキャッシングでは特に必要ありません。大口ローンなど金額が大きい場合には必要になることもあります。

【スポンサードリンク】

 

審査があると聞きますが、どういうことをするのですか?

 
身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)による本人確認のほか、住所や勤務先の確認などを行います。また、情報センターからオンラインで借入履歴などをチェックし、融資可能かどうか、また限度額などを設定します。

【スポンサードリンク】

 

勤務先に在席確認の連絡は来ますか?

 
本人がそこの会社に在席しているかどうか電話などで確認することがあります。

ただし、万が一連絡する場合でも、金融会社名を名のったり、融資や返済などの話をすることは一切ありません。プライバシーはしっかりと保護されるのでご安心ください。
【スポンサードリンク】

 

いくらぐらいまで借りられるものですか?

 
貸金業者からの借入は、総量規制(2010年6月試行の改正貸金業法)により、年収の3分の1以内となります。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。
ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので融資を受けられる可能性があります。
とはいえ、基本的には30万〜50万円と最初の限度額は、低めに設定されることが多いようです。
【スポンサードリンク】

 

限度額は増えていきますか?

 
ほとんどの金融会社の場合は、しっかりと返済していればしだいに増えていきます。自動的に増えていくケースと申請が必要なケースがあります。必ず各金融会社から限度額が増える旨の連絡がありますので必要な方は待ちましょう。

【スポンサードリンク】

 

金利の上限は決まっていますか?

 
金利(年率)は各金融会社によって異なりますが、上限金利は利息制限法の水準(貸付額に応じ15%〜20%)と法律で決められています。また、返済が遅れた場合に生じる遅延金も20%以内の金利となっています。これを超える金利を設定している企業は違法業者です。十分に注意しましょう。

【スポンサードリンク】

 

金融会社の広告やHPに書いてある登録番号の意味は?

 
貸金業規制法に基づく登録番号です。貸金業者は、財務局長または都道府県知事による登録番号を自社の広告に表示しなければならないと義務づけられています。たとえば「都(3)第000号」とある場合は、「都」は東京都への登録であることを意味しています。ここが「○○財務局長」となっていれば、複数の都道府県に営業所があることになります。「(3)」は登録を更新した回数(3年ごとの更新)なので、この数字が大きくなればなるほど長く営業をしていてしっかりした経営をしていると判断出来ます

【スポンサードリンク】