基本である「利息の計算方法」

スポンサード リンク

裏技その3 基本中の基本である「利息の計算方法」

 

キャッシングの裏技というよりも、逆に基本中の基本ともいえる「利息の計算方法」
実は知らない方も多いようですね。
「めんどうだから」「むずかしそうだし」なんて考えは大まちがい!
利息の計算方法は、とっても簡単なんです!!
もちろん携帯電話の電卓機能でもあっというまに計算できます。
ぜひ覚えて、申し込む前に計算するようにしましょう。

 

この計算に必要なのは、あなたが申し込もうとしている金融会社の実質年率(年利)だけ
実質年率というのは、8.0%、15.0%、17.80%、 20.0%など、各金融会社によって違います。
どの金融会社でも、広告にはこの実質年率を確実に明記しているので必ずチェックしましょう!
実質年率を明記していない金融会社は、ヤミ金融の疑いがありますので
絶対に接触しないようにしましょう。

 

計算前に確認しましょう!

・実質年率(何パーセントか)
・いくら借りるか
・何日借りるか

 

実質年率などを確認したら、この計算式にあてはめるだけ。

 

利息の計算式
借りる金額×実質年率(%)÷365日×借りている日数=利息
※キャッシングの利息は日割り計算です。なので、365日で割ります。

 

例えば、10万円を、8.0%の実質年率で、30日間キャッシングする場合

借りる金額 × 実質年率(%) ÷ 365日 × 借りている日数 =  利息
100,000円 ×   8.0%   ÷ 365日 ×   30日    = 657円

 

電卓の%ボタンを押すのを忘れずに!
押し忘れると、100倍の金額で計算されてしまいますよ!!

 

例えば、5万円を、17.80%の実質年率で、7日間キャッシングする場合

借りる金額 × 実質年率(%) ÷ 365日 × 借りている日数 =  利息
50,000円 ×   17.80%   ÷ 365日 ×   7日    =  170円

 

どうですか?簡単でしょ!マスターできましたか?
一度計算式を覚えてしまうと、あとは楽なのですが!
【スポンサードリンク】

 

基本である「利息の計算方法」関連ページ

短期キャッシングは絶対にお得
銀行などだったら自分のお金を下ろすだけなのにキャッシングより高い手数料を取られるなんて、なんだか理不尽だと思いませんか?
需要と供給のバランスでお得
例えば、旅行など繁忙期は値段が高くお金はある。でも閑散期は値段は安くてもお金がないなんてアンバランスがありますよね!そんな時こそ短期キャッシングで賢く利用しましょう
優良顧客になって得しよう
このコーナーでは本当にキャッシングが必要かどうか、サービスをご紹介します。
利息と利率を正しく知ろう
消費者金融のキャッシングはほとんどの金融会社は日割り計算です。いつでも返済することができます。 利率は高めでも、早く返済すれば実際に支払う利息は少なくて済む場合があるのです
支払いがピンチの時
賢い方法は、キャッシング企業に連絡を入れて、相談してみることです。融通が利かせてくれる金融会社も、結構あるようですよ。