銀行カードローン

スポンサード リンク

銀行カードローンとは

 

【スポンサードリンク】

皆さんは「銀行」と聞くだけで、「敷居が高い」「手続きが大変」というイメージを持つ人も多いのでは?
ところが今や、銀行カードローンはとってもポピュラーな存在になっています。
低金利な上、利用目的が制限されていないので、生活費がピンチなときや給料日までのつなぎ資金
また交際費などに手軽に利用されています。
銀行カードローンを正しく知って、メリットを上手に活用したいですね
又、銀行側もノンバンクの金融商品市場の大きさと、企業の業績にあまり期待できず、一般向けに各社小口の貸し出しを始めました。

 

銀行カードローンの特徴は?

 

銀行のローンというと「住宅ローン」や「自動車ローン」を思い浮かべがちですが、
カードローンは利用目的が定められていない無担保ローン
利用限度額以内なら、審査なしで何度でもATMなどから借りることができます。

 

しかも金利は低く、利用限度額は高いのですから、上手に利用しない手はありませんね
消費者、いわゆる借りる側にとって嬉しいのは、銀行カードローンは総量規制対象外であること。

 

意外とお手軽銀行カードローン

 

銀行カードローンは「手続きが面倒」というイメージがありますが、申込方法は実は意外と簡単。
審査も「最短30分」と宣伝しているところがあるほどスピーディになっています。
申込方法は、店頭、パソコン、携帯など都合に合わせて選べます。
審査には運転免許証などの身分証明書が必要で、
希望金額が高い場合は収入証明書類が必要になります。
返済方法は、毎月普通口座から引き落とす方法のほか、
余裕があるときはATMからの返済もできます。
銀行によって異なるので確認しておきましょう。
本気で借りるならそこの銀行の口座を作るとか、
出来れば給料振込みにするとかすれば審査もスムーズでしょう
以上のように、銀行カードローンの利用方法や必要書類は、
キャッシングを利用するときと変わりはないのです。

 

借入れ時の保証会社は何処がするの?

 

銀行カードローンを利用するには、金融機関や保証会社の審査があります。
おもしろいのは保証会社が消費者金融であるケースが多いこと。

 

例えば、三井住友銀行はプロミス、三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行とセブン銀行はアコムが、
保証会社になっています。
また、住信SBIネット銀行のジェーシービー、みずほ銀行のオリエントコーポレーションなど
クレジットカード会社が保証会社の場合もあります。
最近は各銀行の傘下に消費者金融があるのが目立ちますね。

 

消費者金融と銀行の違いは!

 

消費者金融との最も解り易い違いは、
総量規制(年収の3分の1までしか借りられない)の対象かどうかです。
消費者金融は対象ですが、銀行カードローンは対象外になります。

 

例えば、消費者金融で年収の3分の1まで借りてしまった人は、
それ以上消費者金融から借りることはできません。
ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので
融資を受けられる可能性があるということなのです。
ここをうまく利用すれば本当に借り入れが必要な方は助かりますよね。

 

メリットは、なんといっても低金利!

 

銀行カードローンのメリットは、なんといっても低金利で、利用限度額が高いことでしょう。
また、利用銀行の口座の開設者や住宅ローンの利用者などを対象に、
さらに金利を引き下げるサービスを行っているところもあります。
最近では利便性に力を入れているため、利用しやすいこともメリットになっていますね。
イザというときに慌てて金策に走るのは無謀。というか直ぐには借りることって難しいですね。
ですから、余裕を持ってカードローンの口座だけでも作成しておいてもいいでしょう!
当然ながら手数料は掛かりませんから!