キャッシング審査基準

スポンサード リンク

キャッシング審査基準を詳しく解説

 

一般的にキャッシングの審査基準は各消費者金融会社ごとに違っているので、易しい所もあれば厳しいところもあります。

普通に仕事をしていれば問題なく審査は通りますが、短期間に3社以上の消費者金融会社に申込みをすると、多重債務になる可能性が高いと判断されNGになる確立が高くなってきます。

ですから3社以上に申込みをする場合は個人情報の記録が切れる1ヶ月以上は待ちましょう。

審査で重要視されるのは申込み時の個人情報が正しいかどうかなんですよ。

申し込み時には連絡先の電話番号とか住所の番地とか単純な間違えが無いかよく確認しましょう。

次に何社から借りているか、支払いが遅延してないかなどを調べます。

各社まちまちですが、通常は3社以上だと審査に影響するといわれています。

キャッシングのお申込みの際には、氏名・性別・生年月日(年齢)・住所・仕事・年収・金融他社利用状況などを入力します。

この情報をもとに各金融業者は個人信用情報機関に照会して事故情報などが無いかどうか審査します。

気をつけたいのは、過去にクレジットカードなどで3ヶ月間支払いを延滞していたりすると、事故情報として扱われ、事故者リストに載ってしまいます。その後5年間は信用情報機関に保管されてしまいます。

個人情報機関に事故情報などが残っている場合、評価はかなり厳しいものになります。

他の金融機関での借入件数に関しては、多いほど返済能力が低いとみなされ、審査は通りにくくなります

自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録が残ります。

事故情報だけでなく、現在何社からの融資を受けているかも重要です。例えば、トータルで仮に合計金額が100万円の融資を受けていたとします。

1社から100万円を借りている場合と5社から20万円ずつ借りている場合と比較したとき1社からのみの融資を受けている方が信頼性は高くなります。

審査の時に重視される項目は、金融会社ごとにマニュアルがあり若干異なります。賢く携帯キャッシングをする際の一つの基準として信頼性が重要だということです。

【スポンサードリンク】