グレーゾーン金利

スポンサード リンク

グレーゾーン金利を解説します

 

法律でいうところの利息制限法に定められた利息と
出資法に定められている利息のギャップをグレーゾーン金利と呼びます

 


利息制限法と出資法は以下のように定められています。

<利息制限法>
借入金額が10万円未満だと上限利率は20%
借入金額が10万円以上100万円未満だと上限利率は18%
借入金額が100万円以上だと上限利率は15%

<出資法>
上限利率29.2%

利息制限法で違反をしても、民事上の法律違反にしかならず、出資法で定められた29.2%を超えなければ刑罰の対象にはなりません、よって多くの消費者金融がグレーゾーンで営業しているのが現状です。

過払い金は、借り入れ金額によっても異なってきますが、金利20%以上で7年以上支払っている場合は過払いの可能性が大いにあります。 もしも心当たりがある方は過払い金返還請求の手続きを弁護士さんに相談してみましょう。

【スポンサードリンク】