過払い金返還請求の手続き

スポンサード リンク

過払い金返還請求の手続きについて

 

過払い金返還請求の手続きは専門家に任せたほうが得策です。
勿論一人でも過払い金返還請求の手続きは出来ますが、
弁護士等に依頼したほうがスムーズに手続きが進むと思います。

 

弁護士に依頼した場合は、任意整理手続きを行ないながら同時に発生している過払い金も請求して貰えますし、何と言っても一番のメリットは時間です。自分で交渉したり資料を作成したりと時間を省くことができる事は、あなたの生活にとって最大のメリットのハズです。

 


過払い金返還請求の進め方

【1】取引履歴の開示・確認
まず、取引のあった貸金業者から取引経過を開示してもらいましょう、開示請求は「取引履歴開示請求書」という文書を郵送するだけで済みます。

書式は、各業者のほーむページからダウンロードできます、また自分自身で開示請求書を書き上げて郵送してもOKです。

【2】利息制限法に基づき過払い利息を計算
貸金業者が開示してきた取引明細をもとに、過去の取引を全て利息制限法の上限利率で計算し直します(引き直し計算)、長期の取引ほど借金の残高が少なくなり、むしろマイナス(過払い)になることがあります。

【3】過払い金返還請求 交渉和解
引き直し計算をもとに、貸金業者にこれまで支払った過払い利息の返還を要求します(過払い金返還請求)。

交渉に入り返還する金額や時期など、貸金業者と折り合いがついたら和解契約を締結します。

【4】交渉成立・過払い金返還
<過払い金返還請求の条件>
現在借入がある方。
すでに支払いが終わっている方(但し過去10年以内

【スポンサードリンク】