キャッシングと上手な付合い方

スポンサード リンク

ご利用する際の心構え

 

キャッシングを利用する前に「いくら必要なのか」「いつまでに必要なのか」「毎月いくら返済できるのか」などをきちんと整理しておきましょう。
借りられるからといって必要以上の金額を借りると、返済する時になって後悔することになります。借入金額と返済金額をしっかり把握し、計画的に利用することが大切です。つまり「必要な時に、必要な分だけ」がキャッシングと上手に付き合うための基本です。また、もしもの時にあわてないために、先にカードだけ作って備えておくのも賢い方法と言えるでしょう。
【スポンサードリンク】

 

金融会社選びの方法

 

キャッシングの時に悩むのが金融会社選びです。たくさんある企業から、自分の希望に合った一番有利なところを見つけだすのは大変な労力が必要となります。金融会社を比べる基準としては、限度額、金利、信頼性、融資までの時間などがあります。
【スポンサードリンク】

 

 

キャッシングの賢い利用方法

 

キャッシングの利息は、1日ごとの日割り計算です。そのため、スピーディに返済する場合は、月割り金利計算の銀行系や信販系などよりも少ない利息で済むことがあるんです。また、忙しくてなかなか銀行に行けず、結局ATMで引き出すのは夜間や日曜日という人にも、実はキャッシングはおすすめ!たとえば、3万円を日曜日に借りて、月曜日に全額返済するとします。そうすると、かかる利息は、銀行の時間外手数料105円よりも少なく済みます。中には、10日間無利息という金融会社もあるので、賢く上手に活用しましょう。

 

例えば

日曜日に3万円借りて月曜日に全額返済した場合の利息は‥‥

年利18.0%の企業 3万円×0.18÷365日×2日=利息30円
年利20.0%の企業 3万円×0.20÷365日×2日=利息32円

 

いずれの利息も時間外手数料105円より遥かに安いですよね

 

多重債務者にならない為に

 

多重債務者にならない為に、一般的に注意が必要と言われているのは、毎月の返済金額が収入の20%を超えた時です。必ずしもこれがあてはまるとは限りませんが、ひとつの目安としてはいかがでしょうか。また、複数の金融会社を利用している人は、自分の借入残高がいくらなのか、また毎月の返済金額がいくらなのか、わからなくなってはいませんか?現状を把握・整理しないままキャッシングを続けるのはとても危険です。さらに、返済するためだけに新たなキャッシングを繰り返すようになると、多重債務に陥ってしまう危険性があります。手遅れになる前に、一人で悩まずに全国の相談窓口に相談しましょう!

 

〈主な相談窓口〉

全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会
財団法人日本クレジットカウンセリング協会
全国の貸金業協会消費者相談窓口
全国の消費者センターや消費生活センター
国民生活センター など

【スポンサードリンク】